ひつじの文字屋。もーとのlifelog

暮らしを豊かで快適にする情報を発信しています☺︎︎︎︎

畳数表示を信用するな!!!!エアコン買うならココを見て!!!

f:id:moat114:20210722215819j:image

 

 

 

どーも。もーとです。

 

 

 

連日夏日が続いていよいよエアコンも本格的に稼働させないと室内にいても耐えられなくなってきましたね。(干物〜𓆛𓆜𓆝𓆞𓆟

 

外出時よりも室内にいる時の方が意外と熱中症になりやすいので注意です。(水を飲もう〜

 

 

エアコンの選び方はカタログ表示を正しく見る

この時期になるとエアコンを新しい物に買い替える方も多くいると思いますが、そもそもエアコンを買う時の選び方ってどうしてますか?

エアコンのカタログ表示をしっかり確認して購入しているでしょうか?

「数字が色々書いてあるけどよく分からないからとりあえず〇〇畳用という数字を見て部屋の広さと合ってれば間違いないだろう」

という買い方をしてる人が多いと思います。

 

 

でも、

実はその買い方は間違ってる可能性があるのです!

なので本日は正しいエアコンの表示の正しい見方と買い方をご紹介したいと思います。

 

 

そもそもこの〇〇畳用という表示の基準ですが、実は1964年に制定されてから約50年間、基準の見直しが一度もされていないのです。

しかもこれは当時の無断熱住宅が基準になって制定されたものです。(熱や冷気が漏れやすい住宅)

 

 

この50年近くの間に日本の住宅はとても進化しました。

最近は断熱性能の高い家も数多く作られていますしハイコストのハウスメーカーはもちろん、ローコストのハウスメーカーの建売住宅も50年前の住宅とは比較にならない程、断熱性能や気密性能も上がっています。

 

住宅がこれほど進化してるのに、なぜ家電量販店などに表示されてる〇〇畳用という基準が50年近く変わらないのか不思議に感じますよね?

 

答えは簡単で、基準をそのままにしておいた方が家電量販店にとって有利に働くからです。

早い話が20畳のリビング用のエアコンを買いに来た人には20畳用と表示されてるエアコンを売った方が利益が出るからなんですね。

 

例えばその20畳のリビングが高気密、高断熱性能の近年の住宅だったら、20畳用のエアコンではオーバースペックになる可能性があります。

住宅が木造か鉄筋コンクリートか、部屋の窓の数や日照条件、エアコンのスペックを見て詳しく計算しないと分かりませんが、近年の高断熱住宅なら20畳の部屋に対して6畳用のエアコンでも充分事足りるケースもあるのです。

 

なのでまずは部屋に合ってない間違った能力のエアコンを買わない為の表示の見方について説明していきたいと思います。

 

こちらは我が家で愛用しているダイキンのエアコン能力表示です。

カタログ表示説明

f:id:moat114:20210722183842j:image

ダイキン工業webカタログより一部引用)

 

畳数の目安

・ここは暖房、冷房の畳数の目安になっていて、各表示とも左の数字が木造住宅、右の数字が鉄筋コンクリート造の住宅の場合になります。

・これはホントにただの目安なので、これだけを参考にしてはいけません。

 

 

定格能力と定格消費電力

・この算定はJIS規格を元に試験が行われていて、定められた温度条件下で連続運転した場合にその機器が安定して出す事が出来る標準的なパワーが「定格能力」です。

 

・ここで大事なのが定格能力の下のかっこ内に記載されている数値で、これはエアコンのパワーの範囲を示しています。②赤線参照

f:id:moat114:20210722190159j:image

暖房能力を例に見ると、最小時運転の能力が0.7kw、最大時が6.2kwになります。

この最小時と最大時の数値の幅が広い程、能力の高いエアコンという事になります。

・最大時の数値が高いほど、指定した温度に到達するのが早いので、これも電気代節約の大きなポイントです。

 

 

定格消費電力

標準的なパワーの運転時に使う消費電力を「定格消費電力」といい、機種によっては同じ定格能力でも消費電力が違う物があるのでこの消費電力数値は電気代を節約できる機器を選ぶ為の要素の一つになります。

 

 

消費電力量期間合計

・こちらもJIS規格を元に、東京の一般的な木造住宅をモデルに一定の条件下でエアコンが1年間に消費する電力量の目安で、この数値が低いほど、運転効率の良いエアコンになります。

・この消費電力量期間合計の単位はkwh(キロワットアワー)で表記されているので、今ご家庭に届いている電気代の請求書にもお使いの電気料金が1kwhあたり何円か書いてあるので、その単位を消費電力量期間合計にかけ算するとだいたいの年間の電気代が購入前に分かります。(例・お支払いの電気料金の1kwhあたりの単価が26円で欲しいエアコンの消費電力期間合計が700kwhなら、700×26=18200なので標準的なパワーで使うと年間18200円程度かかるという目安になる。)

 

 

APF(通年エネルギー消費効率)

・一定の条件下で使用した時に1年間に必要な能力を期間消費電力量で割った数値で、この数値が大きい程省エネ性が高く燃費の良いエアコンになります。

・車のカタログ燃費と同じで、実燃費は下がりますが数値が高いエアコンはホントに電気代が安くすみます。

 

低温暖房能力

・室内が20℃で外気温が2℃の時に発揮できる能力の数値でこの数値が大きい程、外の気温が低い環境でもパワーのある暖房運転ができます。

寒冷地にお住まいの方は主にこの数値を見ると良いと思います

 

 

 

まとめ

 

エアコンは畳数表示よりも冷暖房能力の最小時と最大時の幅と最大時の数値が高い物が能力が高く指定した温度に到達するのが早いので省エネになる。

 

APFの数値が高い機種が燃費が良いので、例えばエアコンを10年使うとしたら購入時の本体価格が安い機種でもAPF数値が低く、消費電力量期間合計の数値が高い機種は10年使用する間に省エネ機種よりも本体価格と10年間の電気代の合計が遥かに高くなってしまう可能性があるので、購入前に電気代の単価を調べて年間の電気代の目安を計算してみる。

 

車と同じように通常運転を長くできるような部屋に合った能力のエアコンにする事で電気代は格段に安くなる。(エアコン能力が足りてないと常にフルパワーを出し続ける事になり電気代は増えるし、オーバースペックだと渋滞中の車のようにパワーを持て余し燃費が悪くなる)

 

・メーカーによる能力差はほとんど無いのでメーカー選びはその機種に付いてるメーカーごとの追加機能等、好みの付加価値が付いてる物を選ぶので良い。

 

・家電量販店のスタッフに「何畳のお部屋に設置予定ですか?」と聞かれても答えるのはヤメましょう。値段の高いオーバースペックの機種をおすすめされます。笑

 

 

※本来このエアコン能力の情報と住宅の断熱性能等を細かく計算して必要なエアコン能力の算定するのですが、簡易的なシュミレーターをご紹介するのでこれである程度はお部屋に合ったエアコンの定格能力が分かるので細かい計算方法は本記事では割愛させていただきます。

 

 

これらのエアコンに記載されている情報を元に、お住まいの住宅の環境を加味すると一番燃費効率の良い快適なエアコンを購入する事ができます。

部屋の環境を元に必要な能力のエアコンが分かるシュミレーター「エアコンドック」のリンクを貼っておくので、興味のある方はお試し下さい。

↓エアコンドック

http://www.id-c.co.jp/cgi-bin1/fukacheck/ac-doc.html#kekka

 

 



本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

それでは。

PVアクセスランキング にほんブログ村←ポチっと応援お願いします

 

 

#エアコン #生活 #夏 #節約